別府の山地獄動物園!幼児がエサやり出来る優しい動物たちが待ってるよ

子育て

大分県別府市での観光と言えば地獄めぐりが有名です。温泉の源泉を利用した観光地として、7か所の地獄(海地獄・血の池地獄・龍巻地獄・白池地獄・鬼石坊主地獄・鬼山地獄・かまど地獄)が登録されています。

今回遊びに行ってきた山地獄も、以前はこの「地獄めぐり」の1つだったのですが、いつの間にか独立した動物園になっていました。

ということで、地獄めぐりの共通観覧券は使えないので別料金になります。それでも、子連れで地獄めぐりをするのなら、山地獄はおすすめですよ!

2歳と0歳の子どもを連れて行ってきたのでレポートしますね。

追記 2019.3.2  ヤギの赤ちゃんが生まれていました!

スポンサーリンク

子連れの山地獄レポ

入園料を払いこちらのカードをもらいました。

別府名所 山地獄について
『山のいたるところから噴気が上がっているため山地獄と呼ばれています。温泉熱の利用により飼育されている、世界各国の珍しい動植物はみんなイキイキ。泉温90度。』(カード裏より引用)

中に入るとまずはサボテン!

温泉熱を利用してたサボテンハウスです。12月でも中はポカポカ。

ここを抜けると動物ゾーン。こじんまりとした触れ合い動物園なので、幼児連れにはぴったり。小さな子でも無理なく歩ける広さですよ。

では動物ゾーンに行ってみましょう!

まずはフラミンゴ!100円でエサやりができます。フラミンゴのエサって何?と袋を開けてみると…ビスケット!足元の水でふやかしてから食べていました。

こちらは赤ちゃんヤギ。柵は無く紐でつながれているだけ。触ることも出来ます。赤ちゃんらしい可愛い鳴き声が印象的。

追記 2019.3.2

久しぶりに遊びに行くと、2019年2月11日生まれの赤ちゃんヤギがいました!体はうっすらピンク色、あまり日光に当たっていないので目の色は薄いそう。

エサやり用の人参に集まるうさぎ達。みんな食べっぷりがいいんです。

こちらは2017年11月に生まれたカピバラの赤ちゃん!温泉につかって気持ちよさそう。

この子達にもエサやりができますよ。うさぎやヤギとは違って、ゆっくりのんびり食べる様子に癒されました。

ミニチュアホース。3頭いるうちの1頭が穏やかな性格で、小さな子でも安心してエサやりが出来ると飼育員さんから聞きました。うちの息子は怖がって近づけず。

孔雀にエサやりは出来ません。羽を広げているところを見たかったな。

孔雀の柵の横には、猿が2匹。大分で猿を見るなら、サル山で有名な高崎山がおすすめです。

大分のサル山!高崎山自然動物園に子連れで行ってきた!
大分県別府市にある高崎山自然動物園に、2歳と0歳の子どもを連れて行ってきました。こちらにいるのは野生のサル!山で暮らしているサ...

山地獄動物園にいる動物は全部で7種類!す、少ない!

けれど、動物たちとの距離が近くて、園内は見渡せる広さなので、幼児連れにはおすすめです!動物を見つけて走り出しても、迷子になる心配はありませんよ。

※何年か前に訪れた時には、象やカバがいました。飼育する動物の種類は変わることがあるかも。

山地獄動物園について

詳細をまとめます。
HPはこちら➡山地獄動物園

アクセス

住所 大分県別府市鉄輪御幸6組

TEL 0977-66-0647 (年中無休 8:00から17:00まで)

営業時間

9:00~17:00

季節によって変更あり。
HPでご確認ください➡山地獄動物園

料金

大人 500円

小学生・中学生・高校生 300円

おわりに

山地獄は、地獄めぐりで有名な海地獄のすぐ横にあります。小さなお子さん連れでの観光なら、ぜひ入ってみて下さいね。

子育てお出かけ
スポンサーリンク
comoをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
como

はじめましてコモです。

転勤族の家に生まれ、転勤族の妻になった2児ママ。これまでの引っ越し回数は11回。3歳と1歳の子育てネタを中心にブログを書いています。

comoをフォローする
こもの木