大分マリーンパレス水族館「うみたまご」に子連れで行ってきた!海の動物との触れ合いが充実

子育て

 

大分県大分市にある水族館うみたまごへ2歳と0歳の子どもを連れて行ってきました。2歳の息子は、図鑑で見た海洋生物を見つけては大興奮!ショーや展示も充実していて、久しぶりの水族館に大満足でした。うみたまごでの様子をレポしますね。

スポンサーリンク

うみたまごレポ 

当日は雨が降ったり止んだりで微妙な天気。それでも関係なく楽しめるのが水族館のいいところ!ではいってみましょう~!

海の動物たち

駐車場から小走りでチケット売り場へ!

入場券に書いてある通り、当日に限り再入場が可能です。水族館のすぐ近くに有名なサル山があるのでそちらへ行って、また戻ってくるのもあり。

 

入ってすぐの所にパンフレットとショーのスケジュール表があります。要チェック!
HPでも確認できます➡ショースケジュール

 

ショーの時間をチェックしたら、さっそく中へ!

初めは低い位置での展示が続き、2歳の息子でも見やすい高さです。

 

気になった海の動物達をざっとご紹介します。

 

「犬に似た魚」。確かに犬っぽい。

 

派手カラーのカエル達もいました!

 

↑どこに隠れているかわかりますか?

 

イトヒキアジという魚の幼魚。尾びれと背びれが長く伸びて、泳ぐ姿は流れ星のよう!

 

水族館では定番のくらげ!様々なカラーライトに染まる姿にうっとり。

 

サンゴと魚。水槽の青色と生き物の赤色が対照的で目立ちます。

 

優雅に泳ぐセイウチ!この水槽の子たちはショーにも出ますよ。

 

ウミガメ!

 

サンゴ大水槽での水中散歩です。中に人がいるのが見えますか?水中カメラを持っていて、水槽上のスクリーンに魚が見ている世界を映し出してくれます。

 

セイウチのショーはお客さん参加型!子ども3人と大人1人が選ばれました。参加している人の家族は、前に出て撮影できます!

ショー終了後は、セイウチとの触れ合いタイム!実際に触ることが出来るんです。息子は怖がって行けなかったので、また次回挑戦したいな!

 

屋内のタッチプール。ヒトデとナマコ、魚が泳いでいます。ヒトデってふにゃっとしていそうなのに、触ってみると固いんですね~。幼児に大人気でした!

 

小雨が降っていたので諦めた「あそびーち」。自然のままの動物たちと楽しく触れ合えるコーナーです。以前遊びに行った時は、ペンギンやペリカンのお散歩を間近で見られました!

キッズスペース

子どもたちが遊べるスペースあり。12月なので館内はクリスマス仕様でした。

 

赤ちゃんが遊べるクッションスペースも!

授乳室

授乳室は館内に3か所。中にはソファー、おむつ替えベッド、ゴミ箱、洗面台がありました。扉は鍵付きで安心です。

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」について

うみたまごの情報をまとめますね。
HPはこちら大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

アクセス

住所 〒870-0802 大分県大分市大字神崎字ウト3078−22
TEL  097-534-1010

営業時間

AM9:00~PM6:00 (3月~10月)
AM9:00~PM5:00 (11月~2月)

入館料金

【一般】
大人(高校生以上) 2,200円
小人(小・中学生) 1,100円
幼児(4歳以上)   700円

【団体】(20名以上)
大人(高校生以上) 2,000円
小人(小・中学生) 1,000円
幼児(4歳以上)   650円

【うみたまご年間パスポート「うみたまPASS」】
購入日から1年間、何度でも「うみたまご」を楽しむことができます。
大人(高校生以上) 4,800円
小人(小・中学生) 2,400円
幼児(4歳以上)   1,600円

年間パスポートはかなりお得ですね!近場に住んでいれば購入したい!

その他、障がい者料金・シニア料金・子ども会料金・バースデー料金・学校行事料金、期間限定の夜間営業があります。

詳しくはHPでご確認ください大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

おわりに

1年4か月ぶりのうみたまごでしたが、やっぱり何度行っても楽しめます。動物たちとの触れ合いが満足感を高めてくれますね。

うみたまごのすぐ横に、サルで有名な高崎山があるので、セットで遊びに行かれてはいかがでしょうか。高崎山レポはこちら☟

大分のサル山!高崎山自然動物園に子連れで行ってきた!
大分県別府市にある高崎山自然動物園に、2歳と0歳の子どもを連れて行ってきました。こちらにいるのは野生のサル!山で暮らしているサ...

 

子育てお出かけ
スポンサーリンク
comoをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
como

はじめましてコモです。

転勤族の家に生まれ、転勤族の妻になった2児ママ。これまでの引っ越し回数は11回。3歳と1歳の子育てネタを中心にブログを書いています。

comoをフォローする
こもの木