ねじ回しの手作り玩具!2・3歳児の指先運動におすすめ

子育て

 

2・3歳のお子さんに、指先運動に良い「ねじ回し玩具」はいかがでしょうか。ホームセンターにあるもので、とっても簡単に作れますよ。実際に作ってみたのでご紹介しますね。

スポンサーリンク

ナットとボルトでねじ回し

最近の息子は、ドライバーでのねじ回しがお気に入り。以前、我が家のおもちゃ棚をDIYした時から工具には興味津々です。

オープンシェルフDIY!初心者でも簡単なおもちゃ棚の作り方
かわいいおもちゃ達を収納する棚。サイズ、デザイン、価格など、なかなかお気に入りのものに出会えないというママも多いはず。理想...

 

そんな息子が「これはどうやって使うの?」と手にしたのがモンキーレンチ。
これです☟

使い方を説明したくても、家の中には六角ボルトや六角ナットが見つかりません!ということで、ホームセンターでゲットして、息子用の玩具を作ってみました。

必要なもの

○六角ボルト(サイズM6・M8・M10・M12・M14)
○六角ナット
○板
○瞬間接着剤

 

全てホームセンターで揃えました。
ボルトやナットは、ホームセンターなら種類が豊富なので選び放題です。ボルト&ナット5本分で248円でした!

※瞬間接着剤は、ボルト(金属)と土台(今回は木材)に対応したものを選んでくださいね!商品によって、接着できるものが異なるので注意。

作り方

接着剤で土台にボルトをくっつけるだけ!!

買って、くっつけるだけなんて、簡単すぎますよね。

 


しっかりつくようにと接着剤を出し過ぎてしまった!綿棒でふき取りました。

完成!遊びましょう

ボルトに合うナットを探して、ねじねじ回して遊びましょう。

 

初めは「ナットを水平にして回す」ということが意外に難しいかも!

正しいサイズのナットを見つけるのは、根気さえあれば問題ないと思います。今回作ったものはボルトが5本だけなので、息子にとってサイズ合わせは簡単なようでした。それでも中間サイズのナットはどのボルトにはまるのか迷っていましたよ。

 

息子の様子を見ていると、ボルトの数は10~15本ぐらいでも良いかなと思います!お子さんが、遊んでいる最中に「(できなくて)もういやー!」とならない適度な本数を予想して作って下さいね。

 

ちなみに、息子から使い方を聞かれたモンキーレンチは、まだ扱いが難しいみたい。

実際に作ってみたいと思ってくれた方へ!

ボルトは10~15本がおすすめ。5本はすぐに物足りなくなる。

ボルトの長さは3センチ以下がおすすめ。今回使っているのは4センチですが、ナットを下まで回すとはずす時が面倒です。息子も、ナットを回しても回してもはずれないので「キー!」となっていました。

土台は安定すればなんでもOK。タッパーならふたがあるので安全だし、収納もしやすそう。

安くて簡単な手作りおもちゃのご紹介でした。お子さんが楽しんでくれますように!