子どもの「さがしえ絵本」遊びながら集中力や観察力をつけられる!

子育て

 

「さがしえ絵本」にハマる子は、どれくらいの割合でいるのでしょうか?

 

現在2歳5か月の息子は、今まさに「さがしえ絵本」に夢中!自宅には絵本が100冊以上あるので、絵本を読む習慣はもともとあったのですが、普通の絵本とは集中度合いが違うのです。じっと見入って一生懸命探す姿には、親が驚かされます。

 

そんな「さがしえ絵本」の魅力を、息子がハマった絵本の紹介とともにお伝えできたらと思います。

スポンサーリンク

息子が0歳 1歳でハマった「さがしえ絵本」

息子が初めて夢中になったさがしえ絵本はこちらです。

五味太郎さんの有名な絵本なので、ご存知の方も多いはず。水槽から飛び出したピンクのきんぎょが、様々な場面でかくれんぼをするように逃げていく絵本です。

 

初めて読み聞かせをしたのは0歳の頃、いつからかページをめくるたびにきんぎょを指さすようになりました。最終的には、きんぎょのいる場所を覚えて、ページをめくった瞬間に指さしをするので読みの言葉が追いつかず。そして、何度も何度もリクエストするのです。

 

そんな息子のために、新たに購入した絵本がこちらです。

「〇〇たべたのだあれ」の言葉とともに、動物の中に隠れた〇〇を探す絵本です。きんぎょがにげたに比べると、少しレベルが高いようで、初めは親が指さししながら説明をしていました。

 
 
 

「たべた」という身近な言葉に比べると、「かくした」という言葉が理解できなかったのか、ハマるまでに時間がかかりました。それでも一度意味が分かれば、上の2冊と同じように夢中になり、数えきれないくらい楽しみましたよ。

 

こちらは本屋の店員さんがおすすめしてれくた絵本。

 

見開き1ページの中に、特徴的な鳥が1羽だけ隠れています。そしてよーく見ると、周りとは違う表情をした鳥や、違う行動をとっている鳥が隠れているので面白いですよ。さらに、この1冊に、数・色・大きさなど学べることがぎゅっとつまっているので、0歳~3歳頃まで長く楽しめる絵本だと思います。

 

息子が2歳でハマった「さがしえ絵本」

2歳前後になり1歳の頃にハマった絵本は、息子の中でブームが去ったようで新たな絵本を探し始めました。探せ系の絵本として、有名なものと言えばミッケ!がありますね。けれど、大型本と言えるサイズで、2歳の息子にはレベルが高そう。

 

そこで購入検討したのが、ちっちゃなミッケ!です。

 

こちらは持ち運びにも便利な小さなサイズで、シリーズで何冊も販売されています。

 

探すものが沢山で、大人が見ても魅力を感じる絵(写真)の数々。これなら親子で何度も楽しめそう!と、本屋で息子に見せてみたところ…すでに大好きなトーマス絵本に夢中で、見向きもされず撃沈。気に入ってくれるか判断できなかったので、その日は購入しませんでした。

 

その後、本屋へ行くたびに見せてみましたが、息子の好みではない様子。そのうち、私の「息子とさがしえ絵本を楽しみたい」という熱も冷め、すっかり頭から離れていた頃…息子にとって、とても良い出会いがありました!

 

普段は行かない本屋さんに行った時のこと。そこの絵本コーナーの一角には、これまでに見た事のない冊数のトーマス絵本が置かれていました。その中からトーマス好きな息子は、迷いに迷って1冊のトーマス本を手に取ったのです。

 

そう、トーマスのさがしえ絵本!こんな絵本があるなんて知らなかったー!と私の方がテンション上がってしまいました。そして、幼児用の読書コーナーでこの絵本を開くなり、息子はものすごい集中力を見せてくれたので、迷わず購入、持ち帰り。

 

ああ…、ミッケにハマらなかった理由は、ただ単純に載っているものに興味を持てなかっただけなんだ…と、その時初めて気づきました。思い返してみれば、パズルにハマった時だって、木製レールにハマった時だって、そこには大好きな乗り物&トーマスの仲間たちがいました。

パズル好きな子にするために【簡単なコツ】1歳から始められること
小さな子にとって指先の運動になるパズルは、集中力や記憶力、論理的思考を養うのに最適な玩具です。 現在2歳2か月の息子がパ...
木製レールは【BRIO×木製トーマス×イマジナリウム】良い所取りがおすすめ!
男の子のいるパパママならきっとぶつかる、木製レールとプラレールどちらにしよう問題。そこで木製レールに決まったら、今度はメーカーをど...

 

夢中になったはっけんずかんだって、1冊目として迷わず「のりもの」を選んだのに!なんで、さがしえ絵本では乗り物が載っている本を選ばなかったのでしょう。

2歳の図鑑選び「タイミングを見て放り込め!」を実践したら反応が明らかに違う
2歳8か月の息子を連れて水族館へ行った時のこと。2歳前半での水族館もそれなりに楽しめていたから、今回はもっと喜んでくれるんだろうな!とワクワクしながら遊びに行くと…予想以上の大騒ぎ!「ママー!!!みてー!!!」「きゃー!!!」「きれいー!!

 

好きなものから入るという、ものすごく基本的なところを忘れていた私は反省しましたよ。「好き」というだけで、発揮される吸収力や集中力は雲泥の差ですよね。息子よ、気づくのが遅くてごめん。

 

この「トーマスみ~つけた!」シリーズは、トーマス好きなら自信を持っておすすめします!

トーマスみ~つけた! (きかんしゃトーマスとなかまたち)

➡トーマスみ~つけた!3 (きかんしゃトーマスの本)

 

出てくるキャラクターの数に満足しているのはもちろん、トーマスのガチャガチャシリーズ・木製レールシリーズ・プラレールシリーズなど内容が盛り沢山!さがしえに加えて、間違い探しのページもありますよ。

 

2歳5か月の息子にとっては、見るところが多すぎるくらいのようで、1ページ1ページをじっくり時間をかけて楽しんでいます。また、この絵本を開くときは必ず「ママ いっしょ よもう」と声をかけてくれ、どうしても見つからない時は助けを求めてきます。

 

大人の私でも、なかなか見つけられないことがあるので、長く楽しめそうな1冊ですよ。

 

探す絵本に期待できる効果

さがしえ絵本に夢中になることで、このような効果が期待できるようです。

 

〇集中力の向上
〇観察力の向上
〇記憶力の向上
〇判別力の向上

 

絵本の中から対象物を探す時は、まず「観察」をして「記憶」をたよりに「集中」しますよね。そして、これかな?と見つけたものが、探していたものと同じなのか「判別」して、初めて一連の流れが出来上がります。

 

1歳で夢中になった、きんぎょがにげた や たべたのだあれ などは平面の絵なので比較的簡単です。それに対してミッケ! や トーマスみ~つけた!は写真なので探す対象が立体です。そのため、同じ角度で隠れているわけではないんですよね。

 

トーマスの例で言うとこちら。

問題ではトーマスの顔は正面ですが、実際に探してみると右上矢印の下に側面の写ったトーマスがいますよね。息子はこれを当たり前のように、見つけるのです。

 

2歳の子どもが、このような判別を自然とやっていると思うと、なんだか不思議な感じがします。でもきっと、好きだからこ出来るのでしょうね!

 

探せシリーズを読む時の声かけ

基本的には、息子が探したいと指定したものを、探してもらっています。

 

もし見つけられずに、助けを求められた場合は、簡単なヒントを出します。例えば「右のページだよ」「〇〇の近くにいるよ」など。それでも難しいようであれば、指を使って対象物周辺を囲むように円を描き、「この中にいるよ」と範囲を狭めて指定しています。

 

今のところ、さがしえ絵本を読む時は、息子から必ず「いっしょによもう」と声がかかります。親子の大切なスキンシップタイムになっているので、様子をみつつ新たなさがしえ絵本を購入したいと思います。

 

おわりに

絵本の中でも、ちょっと特殊なさがしえ絵本。物語の絵本とは、違った親子の楽しみ方が出来るので、ぜひ何冊か手に取ってみてくださいね。親の方が、絵さがしに夢中になってしまうかも!