算数脳を育む「ピタゴラスプレート」は最高の知育玩具!図形感覚が遊んで身につく

おもちゃ関連

 

幼児のおもちゃとしては、かなり有名なピタゴラスプレート。立体や展開図を遊びの中で学べるとあって、パパママからの支持も高いようですね。

我が家も2歳後半の息子に購入し、遊ぶ様子に大満足!初めに購入したセットでは物足りなくて、追加購入してしまいました。

「ピタゴラスプレート」自信を持っておすすめします!

スポンサーリンク

ピタゴラスプレートとは?

ピタゴラスプレートとは、三角形や四角形などの図形を組み合わせて、立体を作るおもちゃです。

反発しない特殊な磁石でピタッと簡単にくっつけることが出来るので、小さな子でもコツさえつかめば、色々な立体を作ることができますよ。

遊びの効果とピタゴラス紹介

何より魅力的なのが、遊びの中で平面・立体・展開図を学べるということ。これは小学生で学ぶ内容ですから、自然に身につけられるなら嬉しいもの。

 

ピタゴラスプレートには、三角形・正方形・直方体など基本的な図形が揃っています。シリーズで販売されていて、商品によってはT字のように特殊なプレートも入っています。

 

ピタゴラスで遊べば、直角三角形を2つ組み合わせると正方形になる、なんてことはすぐに気づくはず。うちの子は遊んでいるうちに正方形が足りなくなって、自然に作っています。

 

平面で遊んだら次は立体作り!

ある程度自由に遊んでから、展開図を作って見せてみました。

初めて平面から立体ができる過程を見た息子は、驚きで目を輝かせていました。おおげさでなく本当に!

 

基本的な立方体や、

 

四角錐、三角柱など、色々な展開図を作ることが出来ますね。

 

立体を作れることが分かってからの息子の創作意欲はものすごく、黙々と作業に取り組んでいました。遊びの中で、創造力と集中力も高めてくれるおもちゃです。

 

また、プレートに入っている磁石は弱めなので、立体を作るにはちょっとしたコツが必要。作品は崩れやすいです。

 

初めは扱いにくいなと思いました。けれど、プラスに捉えれば忍耐力がつきそうですし、作品の強度を上げるための工夫も必要になってくるので、磁石が弱めのピタゴラスを選んで良かったと思っています。

 

マグフォーマーでなくピタゴラスを選んだ理由

ピタゴラスに似た商品としてマグフォーマーがありますね。おもちゃコーナーで横並びに売られている2つを見て、どちらにしようか迷ったので、このことについても少し触れておきます。

 

私が比較した点はこちらです。

○面を意識しやすいか
○磁力の強さ

 

ピタゴラススはほとんどのパーツが面(穴がない)で出来ているのに対して、マグフォーマーは穴が開いています図形や展開図を意識するなら、面の方が良さそうだなと思いました。

 

磁力は先ほども触れたように、ピタゴラスは弱め。対してマグフォーマーは強めです。マグフォーマーはおもちゃコーナーで遊んだことがあるのですが、大人の私でも磁力は強く感じました。その分、立体を作った時の強度は抜群ですし、球体も作れます。

 

好みもありますが、両方の磁力を比べると、幼児(特に3歳未満)が使うにはピタゴラスの方が扱いやすいと思います。

先ほど書いたように、磁力が弱めで立体が崩れやすいからこそ忍耐力や強度を上げるための工夫する力がついて良いのではと思っています。

 

今やお家遊びに欠かせない!息子(2歳10か月)の遊び

初めに「ピタゴラス算数」を購入し、遊びの様子を見てみました。1か月しないうちにパーツの数が足りなくなり「男の子脳を刺激するピタゴラス」を追加購入。作品の幅が広がり、遊ぶ時間も長くなりました!

 

商品口コミでも、「追加購入です」というコメントをいくつも見かけたので、初めからパーツの多いものを購入しても良さそうです。

 

乗り物好きな息子は、必ずクルマを組み合わせて遊びます。

こちらは車庫。

 

 

崩れそうで崩れない立体駐車場?ビル?

 

 

下の作品は「男の子脳を刺激するピタゴラス」についてきた作品集マスターノートを参考にして、息子と一緒に作りました。20種類の作品が載っており、どれも魅力的なようですよ。

 

 

こちらには透明パーツが4つついています。立体を作った時に中を覗けて嬉しいみたい。

 

 

ピタゴラスプレートで遊べば空間認識能力も高まりそうですね!

 

算数脳を育む おすすめ知育玩具です!

価格が高めかなと思ったものの、買って良かった!それだけの価値はあります。ピタゴラスで遊んで算数脳を鍛えましょう!

初めて購入したのはこちら☟

期待以上に男の子脳をくすぐってくれます☟

パーツが多くておすすめ☟