ミズノキッズはインソールが魅力的!おすすめの子ども靴

子育て

 

息子の2歳誕生日を目前に、初めてシューフィッターさんに足を見てもらいました。これまでは、シューズコーナーで親が息子の足サイズを測り、好みのデザインを探し、試し履き。大した知識もないのに指先や歩き方を確認し、これで良しと購入していたのです。

 

シューフィッターさんに色々と教えていただいた今では、過去の自分が恥ずかしい!
何よりも息子の足に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

スポンサーリンク

子ども靴専門店でシューフィッターさんに見てもらいました

シューフィッターさんはまず息子の足のサイズを機械で測定したあと、実際に手で触りながら指や甲の高さを確認してくれました。
そして勧めてくれた靴は以下の3ブランド。

○ミズノ
○アシックス
○イフミー

ミズノとアシックスは誰もが聞いたことあるくらい有名なメーカーですよね。
イフミーは小さなお子さんをもつパパママなら店舗で見かけたことがあるのではないでしょうか。
先の2ブランドに比べると値段がお手頃で魅力的なブランドです。

 

その中から気に入ったデザインを選び、息子に履かせて歩行確認。
歩いている時、靴の曲がる位置はおかしくないか、走っている様子などいくつかポイントをチェックしてくれました。

そして購入したのはこちら。
ミズノ タイニーランナー4


一度履かせた後、撮影したのですでに汚れがあります…!新しい靴にテンションの上がった親がそのまま履かせて帰ってきたのです…。

 

ミズノキッズ タイニーライナーの特徴

ミズノキッズの靴ははだし感覚で履ける靴を目指しています。

基本的に室内にいる時、小さな子ははだしでの生活が良いと言われています。聞いたことのあるパパママさんも多いのではないでしょうか。
なぜいいのか、それは足指を自由に動かせるからです。地面を掴むようにしっかりと踏みしめ前に進む。
健康的な体を作るためにとっても大切なことなんです。

そのためにこだわっているのが「発育インソール」
3ブランド見比べましたが、インソールへのこだわりが一番強いなと思ったのがミズノの靴。
シューフィッターさんも一押しでした。

それがこちら!

写真だと少しわかりにくいですが、立体的な作りになっています。
骨も筋肉も未熟な幼児の足をしっかりサポートしてくれる構造です。

1部分は横に広がるアーチ状になっており、5本指がしっかり使えるようサポートを、

23部分は縦のアーチで、足が内外に傾かないよう支えて、バランスのよい姿勢と歩き方をサポートしてくれるそうです。

4の部分は、かかとを包み込むような立体形状になっています。

そして素人の私でもわかりやすいのが、5のつま先部分。
黄色のラインに指先があれば適正サイズ
緑色のラインに指先が乗るようになると、もう少し大きな靴への替え時です。

靴屋さんに行かなくても、自宅でできる確認方法があるので安心ですね。

 

今回購入した「タイニーランナー4」にはインソール以外にも嬉しいポイントがありました!
○すべて手洗い可能
○ベロ裏にはネームタグ
○カラー展開が豊富!

 

履かせてみた感想

うちの息子はよく転ぶので、靴が合っていないのかなと前々から心配していました。
反面、これくらいの歳なら転ぶのも当たり前かと思っていて、放置していたのが事実。

それがミズノキッズのシューズに変えたところ、目に見えて転ぶ回数が減りました。
足首まわりが程よい高さで、走りやすそうです。

 

このカラー、単体だと派手かなと思ったものの履かせてみると春カラーでかわいい。

息子に合う靴に出会えて良かった~!!

 

履かせる時は、以下の点に気を付つけています。

①足を入れてかかと部分を合わせる
②かかと側からトントンと叩き、足首かかとをフィットさせる
③ベルトはちょっときついかなと思うくらいきっちり止める
少し大きめの靴をはくことになるので、しっかりと固定することが大切なんです。

履かせ方や選び方などこちらの記事を参考にしました!

子供の靴の選び方と履かせ方のポイント!綺麗な足を作るために
息子が1歳8ヶ月の時に初めてシューフィッターさんに足を見せに行きました。それまで子供の靴選びについて無知だった私。先に行った靴屋の店員さんの間違ったアドバイスもあり、息子の靴が小さいことに気付かず、指を丸める癖がついてしまっていました。その

おわりに

ミズノはミキハウスとコラボした靴もつくっています。こちらも同じ発育インソールが有名で、ブログで紹介されている方が多くいますよ。
ただちょっとお高くて手が出なかった私にとって、「タイニーランナー4」は嬉しい1足でした!ぜひミズノの靴のインソールをチェックして、試し履きしてみてくださいね!

子育て子育てグッズ
スポンサーリンク
comoをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
como

はじめましてコモです。

転勤族の家に生まれ、転勤族の妻になった2児ママ。これまでの引っ越し回数は11回。3歳と1歳の子育てネタを中心にブログを書いています。

comoをフォローする
こもの木