子どもと一緒に マタニティフォト!お腹を出さずに自然体で撮影

子育て

 

どうしても残しておきたい貴重な妊婦姿。けれど、スタジオで写真を撮ってもらうのは、恥ずかしい!ということで、家族のみでマタニティフォトを撮ることに決めました。

 

現在、里帰り中のため、妊娠9か月のママと2歳5か月の息子、2人がモデルのマタニティフォトです。プロにお願いしなくても、自然体で満足のいく写真が残せましたよ。

スポンサーリンク

マタニティフォト妊娠何か月がおすすめ?

おすすめはお腹のふくらみが目立つ妊娠8~9か月頃です。

 

個人的な理想は、臨月のお腹ですが、37週以降は正産期。お腹が大きくなって体力的にきつくなりますし、予想以上に早く生まれて、マタニティフォトが撮れなかった!なんてことにならないように、臨月前に撮ることをおすすめします。

 

身内で撮影!上の子と一緒に素敵な写真を残すには?

セルフマタニティフォトは、スタジオと違い、予約なしで撮影できるのが魅力的。子ども・妊婦ママともに、体調の良い日を選べるので、その点心配はないですよね。

 

また、せっかく子どもと一緒に撮るのだから、出来るだけその子の可愛らしさを引き出せる環境を整えて、撮影に臨めるといいですね。

上の子が自然体でいられる場所を選ぼう

子どもの魅力と言えば、何と言っても可愛い笑顔。上の子が自然体で遊べる公園での撮影がおすすめです。

 

出来れば、緑の多い公園海岸沿いの公園

 

背景に自然の緑や、青い海が写っているとそれだけでも素敵な雰囲気が出せますよ。出来るだけ広い公園の方が、周りを気にせず撮れますし、他人が写りこむ心配もせずに済みますね。

時間帯は午前中がおすすめ

これはお子さんによると思いますが、体力の有り余っている午前中がおすすめです。

 

一緒に撮影した息子は2歳5か月で、お昼寝をしたりしなかったり。午後は機嫌のいい日もあれば、眠くてグズグズな日もあります。ですので、数日に分けて撮影した写真は、全て午前中。楽しそうに遊ぶ自然な姿をおさめる事が出来ましたよ。

 

家族に撮ってもらいました!

現在里帰り中のため、夫も一緒に撮れなかったのは残念。

 

撮影は実母にお願いし、息子と遊んでいる自然体の姿を撮ってもらいました

 

撮影には一眼レフを使用しています。

 

海岸沿いの公園で撮ってもらった写真がこちら。

お天気の良い午前中で、海の色がとてもキレイでした。楽しそうに海水浴をしている子ども達を見て、息子は海に入りたくてうずうず。

 

どうしても海へ入る前に写真を撮りたかったので、気を引くために色々と話しかけて、なんとか撮れた1枚です。

 

こちらは緑をバッグに公園で。

赤ちゃんの話をすると、自分のお腹にも赤ちゃんがいるよと、服をまくって見せてくれました。

 

ママのお腹にくっつく息子。お腹のふくらみはわかりにくいですが、息子の楽しそうな笑顔をおさめる事が出来た1枚です。

 

写真の中で背負っているリュックはこちら。

きれいめ大容量!理想のママリュックを見つけたのでレビューします
1児のママになってから約2年半、もうすぐ2人目が生まれるのをきっかけに、ママリュックを新調することにしました。次に買うならこん...

きれいめマタニティ服が欲しいなら

子ども服のイメージが強い西松屋ですが、意外にもきれいめマタニティ服もゲットできます。気に入るものがあればお買い得!

 

Milk teaやスウィートマミーは授乳服とマタニティウェアの専門店なだけあって、種類が豊富。

 

子育て妊娠・出産
スポンサーリンク
comoをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
como

はじめましてコモです。

転勤族の家に生まれ、転勤族の妻になった2児ママ。これまでの引っ越し回数は11回。3歳と1歳の子育てネタを中心にブログを書いています。

comoをフォローする
こもの木