痔を回避!妊娠後期の便秘にラキソベロン錠を処方してもらった

妊娠・出産

 

生まれて30年間、第1子妊娠初期に酷い便秘を経験した以外、常に快便だった私。

 

今回の第2子妊娠でも、8か月までは順調だったんです。それが妊娠9か月半ばを迎えた頃から、怪しくなってきました。出にくい日が続き、ついに全く出なくなった…。

スポンサーリンク

第1子妊娠初期に経験した酷い便秘と痔

あの時の恐怖は忘れません。妊娠が発覚して間もなく、前触れもなく始まった便秘。妊娠が影響しているなんて、これっぽっちも思わなかった私は、産婦人科で相談しようなんて考えは思い浮かびませんでした。

 

食生活が乱れていたかなー?なんて思いながら、便が出ないことが気持ち悪くて気持ち悪くて、無理して踏ん張ったんですよね。それも、いけないことに長時間。

 

なんとか出た!!良かった…と安心したと同時に、気づきました。

 

「おしりがおかしい…。痔…?」

 

これまで痔を経験したことのなかった私にとって、それはもう地獄でした!!!

 

肛門科へ駆け込み、お薬を処方してもらったものの、痔って簡単には治らないんですね。発症してから、2~3週間は苦しんだ覚えがあります。ちなみにその後、産婦人科でも痔のお薬をもらえると、経産婦さんから聞きました。

 

それ以降、便秘と痔に悩まされることは無くなったものの、第2子妊娠と同時に、2度とあの悲劇を繰り返すものかと、常に意識はしていました。

 

それがまた、あの恐怖を感じることになるなんて…。

 

第2子妊娠後期 9か月半ばにして 便が全く出なくなった…

第1子妊娠時、特に臨月は驚くほどの快便で、出産当日なんて1日に3回も出たんですよ。なので正直、妊娠後期とくに臨月近くになれば、快便の日々が続くとばかり思っていました。

 

それが妊娠9か月半ばに入る頃、出にくい日が数日続き…ついに全く出なくなりました。便意はあるのに出ないという、なんとも気持ちの悪い不思議な初体験。

 

妊婦健診の日まで、あと4日です。トイレにこもって、ダメとは思いつつも、少しだけ頑張ってみました。

 

「うーん(踏ん張る)………ヒー!こわい!!!

 

あの時の痔の恐怖がどっと襲ってきて、トイレをあとにした私は「妊婦 便秘」でネット検索。出来る事は全て試しましたが、結局出ないまま健診日を迎えたのです。

 

産婦人科で相談 ラキソベロン錠処方

と、ここまでダラダラ書いてきましたが、今日の妊婦健診で相談したところ、すんなりお薬を処方してもらえました

 

先生「予定日も近いから、このままだときついね。ちゃんと出しておいた方がいいから、お薬を飲みましょう。」

 

処方してもらったのは、ラキソベロン錠です。私にとっては初めての便秘薬。

 

調べてみると、妊婦さんにはよく処方される便秘薬のようですね

 

【ラキソベロン錠】

以下の指示を受けました。
〇夕食後、2錠服用するように
〇効果が無ければ3錠に増やし、効きすぎれば1錠に減らすように

〇様子を見て2日に1回の服用にしてもいいよ

 

効果が出るのは7~12時間後らしいです。

 

ということで、夕食後の19時過ぎに服用し、明日の朝を期待しているところです。もし7時間後に効果が出たら夜中ですけど、妊娠後期の今は、夜中に2回は目が覚めてトイレへ立つので問題なし。

 

とにかく早く、気持ち悪さと苦しさから解放されたい!

 

 

なんと!1日かけて全て出ていきました!ちなみに効果が出たのは、2錠飲んでから14時間後、激しい腹痛に襲われることもなく、普段通りにです。良かったー!

 

出来るだけ薬に頼らず、自力で出せるよう生活を見直します。

おわりに

妊婦のみなさん、便の出がおかしいなと思ったら、すぐにでも産婦人科で相談しましょう。便秘から痔になったら大変。出産時の痔は、出来る限り避けたいものです。

妊娠・出産
スポンサーリンク
comoをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
como

はじめましてコモです。

転勤族の家に生まれ、転勤族の妻になった2児ママ。これまでの引っ越し回数は11回。3歳と1歳の子育てネタを中心にブログを書いています。

comoをフォローする
こもの木