100均の手作りおもちゃ 図形マグネットシートで数学センスを養おう!

子育て

 

ダイソーで購入したマグネットシートで図形おもちゃを作ってみました。他の方の育児ブログで見かけて、いつか作ってみたいなと思っていたものです。500円+家にあるもので簡単に出来ましたよ!

スポンサーリンク

図形マグネットシートって?

様々な図形の磁石を組み合わせることで、表現力や創造力を養えるおもちゃです。

おうちを作ったり、車を作ったり、自由に何度でも作れるところが魅力的。丸・三角・四角など単純な形ばかりなので、図形の基礎も身につきます!

磁石なので車の中でも遊びやすいですよ。

図形マグネットシートの作り方

とっても簡単でした。作る図形を考えてカットするだけ!

用意したものと作り方

 

【用意したもの】
○マグネットシート3色(赤・青・黄  A4サイズで1枚100円)
○カッター
○定規
○カッティングボード
○図案
○ホワイトボード(38cm×28cm  ダイソーで200円)

 

【作り方】
図形を描いた紙を、マグネットシートにテープで貼りつけ、その上からカッターで切り取りました。他の方のブログを見ると、直接マグネットシートに描いている方もいましたよ。

 

息子の遊びを様子見するため少しだけ作ってみた!そして追加

どんな形があると良いのか、どれくらいの数があると良いのかわからない!ということで、試しに赤シートのみ切り分けて遊んでいる様子を見てみました。

 

初めに息子が作ってくれたのは顔。目・鼻・口をつけた後に半円で頭も表現。次にパトカーやトラックなどの乗り物作り。

 

そしてすぐに「まるがない!」「さんかくがない!」と言い出したので追加で作ったものがこちら☟

遊びを見ていると、小さい丸と小さい丸というように、同じ形を2枚1組で使うことが多かったので、2の倍数で作りました。

サイズはなんとなく5センチを基準にしました。大きな□の1辺が5センチ、大きな○の直径が5センチです。

 

小さいサイズを増やしたい

このホワイトボードに対して、一辺5cmの□は大きすぎた!2.5cmサイズの形が多ければ、表現できるものが増えそうです。

息子が遊ぶように何かをイメージして作るのも楽しいし、形を繋げて模様を作るのも面白いですよ。

おわりに

そろそろ欲しいなと思っていた公文のタングラム。余ったマグネットシートで同じようなものが出来そうなので、近いうちに作ってみます。