【レゴ収納方法は3つ】100均の半透明タッパーなら片付け・組み立てが簡単になる!

子育て

 

息子は「説明書を見ながら組み立てる」ことが大好き。つまり1つでもパーツが無いと大変なんです。探す親が大変なんです。

毎日毎日パーツ探し…

そんな日々から抜け出したい!ということで100均へ行ってきました。買ってきたのはタッパーです。レゴシティをお持ちの方なら分かるかと思いますが、小さな説明書がピッタリ入るサイズのタッパーです。

スポンサーリンク

箱物レゴは四角いタッパーで見やすく収納

「説明書を見ながら組み立てる」ことにハマっている息子(3歳)のために、出来るだけ親にも子にも負担の少ない収納方法を考えました。

 

おもちゃ棚にピタッと見た目よく収納したかったので、出来るだけ四角に近くて、蓋に文字のないタッパーを探しました。

 

初めに選んだタッパーが左側、半透明のもの。
後日追加で購入したのが右側、白いタッパーです。

本当は半透明のタッパーで揃えたかったのですが、同じものが無かったのです。

なので、2種類のタッパーにそれぞれ収納。

 

すると、3歳の息子が手にするのは半透明のタッパーに入ったレゴばかり

そうだよね、半透明の方が何が入っているかわかりやすいよね。

タッパーは蓋が柔らかいので、小さな子でも無理せず開けられて良いと思います。

 

中身はレゴパーツと説明書。

 

一番上に説明書を乗せれば見つけやすいです。

タッパーのサイズは約23cm×約16cm

レゴジュニアとレゴシティの5歳~のものであれば、入るものが多いと思います

レゴシティの6歳~になるとパーツの数が増えるので大きなタッパーが必要そう。

 

パーツの多いポリス用にシューズボックスも買ってみました。タッパーに比べるとちょっと蓋がかたいかな。3歳息子には開けにくいようで毎回開けてと言われます。

 

小さなパーツや特殊パーツはまとめて別収納

分けて収納してもどこかへいってしまうのがレゴパーツ。

出来るだけ素早く見つけられるように、でもカラーごと・形ごとの収納管理は無理(私が)!!!ということで、小さなパーツと特殊パーツはまとめて缶ボックスに入れています。

 

ブロックはずしは全部で4つ

ブロックはずしを探すことが多かったので、レゴパーツのショップで追加購入しました。

 

3つはレゴを収納するものなら、どこに入れてもOK。

1つは穴を開けて缶ボックスに繋ぎました!
フック付きスプリングキーホルダーを使ったのでこのまま使えて便利です。

 

自由制作用にはおもちゃバッグ

自由に組み立てるのも好きなので、息子が好みそうなパーツを集めておもちゃバッグに収納。

 

ギュッと絞って片付け完了!楽ですよ~。

子育て
スポンサーリンク
comoをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
como

はじめましてコモです。

転勤族の家に生まれ、転勤族の妻になった2児ママ。これまでの引っ越し回数は11回。3歳と0歳の子育てネタを中心にブログを書いています。

comoをフォローする
こもの木