出産予定日2か月前に里帰り!上の子(2歳)にとっては早い帰省が正解だった

子育て

 

出産のための里帰りというと、妊娠9か月での帰省が一般的ですよね。私も1人目出産の時にはそうでした。けれど2人目の今回は、妊娠8か月(29週)での里帰りとなりました。早すぎだよな~とは思いつつ、8月中旬に実家生活をスタート。

そして、いざ産んでみると、里帰りが2か月前で良かった…と心底思えたのです。

スポンサーリンク

予定日2か月前に里帰りは早すぎ?と思いきや…

出産したのは10月21日。その約2か月前の8月16日に里帰りをしました。

正直、実家での妊婦生活2か月間は、とても長かった。夫と離れる期間は長くなるし、自分の実家なのにストレスは溜まる一方で、私はイライラしっぱなしでした。

里帰り出産 ストレスの原因を考えてみた!実家なのにイライラが止まらない
今回は2度目の里帰り出産です。1度目の里帰りでは、ほとんどストレスを感じなかったのですが、今回はイライラしっぱなし!こんな日々...

 

けれど、上の子(2歳半の息子)のことを考えると、結果的には2か月前に帰省をして良かったと思えたのです。

2か月前に帰った理由

早く帰った理由、それは、里帰りまでお世話になっていた産院が、妊娠28週までしか診てくれなかったから!それだけです。

里帰りを遅らせるために、もう少し長く診てくれる産婦人科を探すという手もありました。けれど、子連れでの妊婦健診が多くなりそうで、通いやすさや待ち時間など全てを考慮すると、お世話になった産院が1番条件が良かったのです。

息子が私の実家に慣れるまで

帰省時2歳4か月の息子が、私の両親に慣れるまで、なんと1か月と1週間ほどかかりました。

ここでいう慣れるというのは、息子がママから離れて、ばぁばと2人きりでおでかけ(散歩のような短時間ではなく2時間以上)をしたり、じぃじと2人でお風呂に入れるようになるということ。

 

正直言って、まさかこんなに時間がかかるとは思っていませんでした。

初めの2~3週間は、パパのいるお家や大好きなお友達が恋しくなり、「〇〇(実家の地名)いや!おうちかえる!」と連発していた息子。

それが1か月経つ頃に落ち着き、ママのいない時間も笑顔で過ごせるようになったのです。

出産当日~退院まで 息子の様子

なんと!出産当日~退院の日まで、ほとんど泣かずに過ごすことができたようです!

第二子出産レポ〜2回目のソフロロジー出産〜
2017年10月21日、第二子の女の子を無事出産しました。2人目の出産は、分娩時間が短くなるとは聞いていたものの、これが同じ「...

両親に話を聞くと、「ママいない~」「ママ会いたい~」と少し泣くことはあったようですが、たっぷり遊んでたっぷり甘やかされて、無事5泊6日の入院期間を乗り越えてくれました。

おわりに

私にとっては長い2か月でしたが、息子にとっては大事な2か月でした。ママのいない間に、頑張ってくれた息子と両親に感謝です!

子育て妊娠・出産
スポンサーリンク
comoをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
como

はじめましてコモです。

転勤族の家に生まれ、転勤族の妻になった2児ママ。これまでの引っ越し回数は11回。3歳と1歳の子育てネタを中心にブログを書いています。

comoをフォローする
こもの木