幼児連れでの消防博物館 おすすめのまわり方をご紹介します

子育て

 

新宿区の四谷にある消防博物館へ、0歳と3歳の子どもを連れて2度行ってきました。

こちらは入館料が無料!地下1階から10階までと盛り沢山なのですが、乳幼児が楽しめる階は限られているんじゃないかと思います。

そこで、うちの3歳の息子が楽しめた巡り順をご紹介しようと思います。ご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

消防博物館 この階ははずせない!

昼食頃に到着するように家を出ました。

まずは地下1階へ。

地下1階 消防自動車の変遷・ミュージアムショップ

東京メトロ丸の内線「四ツ谷駅」2番出口へ出ると、消防博物館の地下1階への入り口があります。

そこから入って入館の受付。(ちなみに1階でも受付可能です)

 

今後何度か遊びに行きそうだなという方は、こちらで「見学スタンプカード」を受け取りましょう。

受付でスタンプを押してもらうと、2回目、4回目、6回目…と偶数回の見学でガチャガチャのコインを貰えます

 

回してみると意外に可愛いものが出てくるんですよ。

出てきたのは、はしご車でした。木製の小さな車、木のおもちゃ好きにはたまらないです。

 

受付とガチャガチャのあとは地下1階の見学。

ここには昔の消防自動車が何台も展示されています。休日の指定された日に遊びに行けば、運転席に乗って写真撮影が出来るようですよ。

 

次は10階で昼食タイム。

10階 展望休憩室

休憩室では持ち込みで食事が出来ます。平日の昼間はガラガラでした。

 

こちらには清潔感のある授乳室もありますので、乳児連れでも安心です。

 

お腹が満たされたら5階へ。

5階 消防の夜明け

屋外に消防ヘリが展示されており、中へ入ることが出来ます。

3階 現代の消防

息子が1番喜んだのが3階!

他の階に比べて小さな子どもが多く賑やかな階です。

 

火事が起きてから消火までの流れを学べるショーステージ。

 

消防車の運転席で消防士気分。

 

他にも子ども用の消防服で写真撮影が出来るコーナーや、消防隊員になって消火に駆けつけるスクリーンゲームなどもありました。

 

ここで消防博物館の見学は終了です。

消防博物館と一緒にこちらも楽しみたい

四谷の消防博物館へ行くのなら、東京おもちゃ美術館にも足を運んでみてください。

温かみのある木のおもちゃやボードゲームなど、楽しい時間を過ごせるはず。

東京おもちゃ美術館に初めて行く人へ!楽しむための事前チェックポイント
東京おもちゃ美術館には魅力的な木製玩具やボードゲームが沢山! 3歳児と0歳児を連れて何度か遊びに行ったので、初めて行く方に向...

東京おもちゃ美術館

 

消防博物館について

【住所】 東京都新宿区四谷3丁目10番

【最寄り駅】 東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅

【開館時間】 午前9時30分~午後5時

【休館日】 月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12/28~1/4)

【入館料】 無料