会陰切開って実際どうなの?出産から縫合、恐怖の抜糸まで【体験談】

妊娠・出産

 

会陰切開って本当に痛くないのかな?初めての出産が近づく中、普通分娩予定の私にとって一番怖かったのは「切る」ということ。帝王切開の人に比べたら、切る長さなんてほんの少しだろうけど、その少しが怖かった。

その後2度目の出産も体験し2児のママになりました。
今回は会陰切開~縫合・抜糸までの体験談と、先生から聞いたお話をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

痛い?痛くない?会陰切開の体験談

1人目出産での会陰切開

初めての出産では子宮口が9cmになっても破水をしなかったので、人工破膜(破水)をしました。

そこからは一気にお産が進み、もうすぐ赤ちゃんが産まれるよという頃に先生が登場。

 

先生の「麻酔するね~」という声とともに、チクッ チクッとわずかな違和感。何か所か注射をしたみたいです。

 

(いよいよ切られる~!!)と思っていたら…

パチンッ!とはじくような音が聞こえました。

 

(わ~痛くない~!!)

………

会陰切開は痛みがないだけでなく、鼻からスイカのような赤ちゃんが出てくる感覚も全く無かったので、これも麻酔の効果なのかな?なんて思っていました。

2人目出産での会陰切開

子宮口は全開になり(もう限界…!)という頃に先生が登場。

 

今回は1人目では感じなかった、赤ちゃんが股に挟まっている感覚と、股が内側から圧迫されているような痛みがものすごかったです。

 

2人目にして初体験の痛みに驚きながら、その辛さから逃れたくて、(早く会陰切開してくれ~!!)と願っていました。

 

そして、やっと先生から「少し切るね~」の言葉が聞けたものの、麻酔はまだしていない…

内心(え!?麻酔しないのー!?)とヒヤヒヤしていると

 

パチンッ!!

 

(切られた!!…あれ…痛くない)

麻酔を打ってないはずなのに、会陰切開は全く痛くなかったのでびっくり。そして赤ちゃんが無事産まれ、胎盤が出た後に麻酔をして縫合されました。

そこで不思議に思ったのが、(あれ?麻酔をするタイミングって出産によって違うの…?)ということ。

 

縫合と抜糸は先生への質問タイム

 

縫合・抜糸は切開部分を触られるので考えるだけでぞっとします。ということで、この時間は先生へ質問をして、気を紛らわせることに。(2人目出産での質問&回答です☟)

質問

「どれくらい切ったんですか?」
「裂けましたか?」
「1人目では切る前に麻酔をしてくれたと思うんですが、今回縫う前に麻酔だったのはなぜですか?出産ごとにタイミングが違うんですか?」

 

この先生とのお喋りがあったおかげで、縫合と抜糸はあっという間に感じました。ちなみにどちらも痛みは無かったです。

回答

とっても人あたりの良い先生で、会陰切開について色々お話してくれました。以下が先生から聞いたお話。

 

会陰切開は、伸びやすさ・大きさで切る長さが違う。昔は切っても縫っていなかったから、産めば産むほど大きさや形が変わっていった。

会陰が広がっている時に大きく切ったとしても、元のサイズに戻れば切った部分は小さくみえる。

現在は細菌感染を防ぎ、回復を早めるために縫う。縫うから2回目、3回目の出産でも切ることになる。(もちろん切らずに出産できる人もいる)

 

そして、私が気になっていた麻酔のタイミングについて。

「麻酔は切る前と縫う前の2回打っているよ。みんな2回だよ。」(←病院によって違いがあるかも)

 

2回打たれていることに、私が気づかなかっただけ!でした。産むことに必死でわからなかったんですね~。

産後、切開部分の痛みは?

1人目出産後は、ドーナツクッションが手放せないほど痛かった…。そして退院後も痛みは引かず、動きがぎこちなかったです。

 

そんな経験があったので、2度目もそうなるかと思いきや、

ドーナツクッションなしで座れました。びっくり。普通に座っても痛くないなんて…それはもう嬉しかったですよ。そして産後の回復が驚くほど早かったです。

 

この違いはなんでしょうね。傷口の大きさ?2人目だから?出産に要した時間?これも先生に聞いてみれば良かった。

おわりに

同じ病院で出産したママ達と会陰切開の話をしてみると、
「先生が4cm切ったって教えてくれたよ」
「私は1か所を斜めに切ったみたい」
「私は何か所も切られました!」
「え…?何か所も!?」

なんて盛り上がったのでした。

妊娠・出産
スポンサーリンク
comoをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
como

はじめましてコモです。

転勤族の家に生まれ、転勤族の妻になった2児ママ。これまでの引っ越し回数は11回。3歳と1歳の子育てネタを中心にブログを書いています。

comoをフォローする
こもの木