3歳児の寝つきが悪すぎてイライラ爆発!寝かしつけの理想は捨てて楽をする

子育て

寝かしつけを開始してから1時間。

息子もそろそろ寝るかな。「〇〇だいすきだよ、おやすみ」と声をかけて目をつぶります。

 

すると

「ねぇママ~、〇〇は目をつぶれないの」
「〇〇はずっと起きてるの~いい?」

 

…え~…!さっきから何度も目こすってるよね!?トロンとしてるよね!?
ベッドに行く前から「眠たい眠たい」って言ってたよね!?

 

うちの息子は寝つきが悪いんです。

電車や飛行機を乗り継いで移動に6時間近くかけた日も、日中たっぷり遊んだぞ~!という日も、いつも通り起きています。

 

眠そうにしている息子に「ねむいかな?寝ていいんだよ」と声をかけると、「ねむくないよ!!」と元気になります。

 

何でこんなにも寝ようとしないのか。

 

…これは遺伝なの?
寝つきの悪い夫からの遺伝なの?

 

愚痴です。涙

 

最近寝かしつけの理想を捨てました。

ほぼ愚痴記事で申し訳ないですが、
うちと一緒~!と心が楽になるママさんがいれば幸いです。

スポンサーリンク

これまでの寝かしつけ方法

〇寝る前は静かに熱中できる遊びをする

〇ベッドに入ってからは、

  • 絵本3~5冊
  • 息子リクエストの作り話
  • 息子リクエストの作り話
  • 大好きを伝え合う

他にも色々ありますが、ざっくりとこんな流れ。これで1時間以上はかかります。

 

ここまでは良いとして、1番のイライラポイントは寝入る前の「ねないぞ!」という踏ん張り

「〇〇は目をつぶれないけどいい?」
「ママ~お水飲みたくなっちゃった」
(←ちょっと前にたっぷり飲んでた)

なんて言葉や、ベッドからの脱出…。

 

やっと寝る~!って期待が裏切られるからイライラしちゃうんだよね。期待した私が負け。

 

この息子の行動は眠いからこその、一種の愚図りなんでしょうか

 

ママにストレスのない寝かしつけを目指して実践したこと

私は頭が固く、何かと「こうしなきゃ!」と考えがち。

  • 脳のためにも〇時までには寝かせなきゃ
  • 母としてしっかり寝かしつけしなきゃ
  • お風呂はこの時間に入らなきゃ(入りたい)

子育ては柔軟に対応した方が良いってわかっているんですけどね…。

 

よし!「しなきゃ」のボーダーラインを下げよう!

 

スムーズな寝かしつけを目指して、これまでの習慣を変えてみました

 

お風呂の時間をずらす

寝る90分前にお風呂を済ませることを目標にしました。

入眠へのスイッチは体の深部体温を一度上げてから下げること、という話を聞いたことがありますか?こちらに詳しく書かれているので気になる方はぜひ。

睡眠の「質の上げ方」を知って、日中のパフォーマンスをアップ!
で、何のために質の良い睡眠が必要なの?それは、昼間のパフォーマンスのため!『スタンフォード式 最高の睡眠』著者の西野先生に聞いてみた!

息子の様子を見ていると、効果ありな気がします。お風呂をあがってから60分~90分くらいであくびをしたり、ぼーっとしていることが多いです。

子どもで体が小さいので大人よりも体温が下がりやすかったり、室温によって体温の下がる時間が変わるかもしれないですね。

 

寝かしつけ開始を1時間遅らせる&寝る前はリビングで過ごす

これまで頑張っていたベッドでの寝かしつけ1時間を無しにしました。

極限まで眠くなればスッと寝るはず。それまではリビングで絵本を読んだり、好きな遊びをしたり、自由に過ごしています

この時間に下の娘(0歳)が起きていればおんぶで寝かしつけ。娘が起きていると息子が眠れない(気になるらしい)ので先に寝かせます。

 

ベッドでの絵本&いちゃいちゃタイムを無くすor最小限にする

ベッドで過ごしていた1時間をリビングで過ごすことにしたので、ベッドタイムは最小限に。

ベッドでお遊びモード・お喋りモードにならないように気をつけています。

 

「この時間になったらママは家事をする」と宣言

これまでは寝かしつけに1時間以上かかろうがずっと付き合っていました。それをやめたのです。

「こりゃ寝ないわ」思ったら、寝かしつけは一時中断、家事をします

息子はそのままベッドにいるか、一緒に起きてきます。

 

宣言するようになってから、
(息子)眠そう➡と見せかけて寝ない➡(私)イライラ~が激減!

眠そうになったところで再度チャレンジ、大抵すんなり寝ます。

 

頑張っても「寝ない子は寝ない!」

日中どんなに外遊びをしても、寝ない子は寝ないです。
ママが出来る事にも限界がある!ということがよくわかりました。

 

頑張ってイライラするよりも、無理せず笑って過ごしたい!
その方が子どもにも自分にも良いですよね。

お読みいただきありがとうございました!

子育て
スポンサーリンク
comoをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
como

はじめましてコモです。

転勤族の家に生まれ、転勤族の妻になった2児ママ。これまでの引っ越し回数は11回。3歳と0歳の子育てネタを中心にブログを書いています。

comoをフォローする
こもの木